結婚おめでとう。

懸賞 2008年 10月 26日 懸賞

c0154630_1858278.jpg

むちゃくちゃ美味しかった
牛フィレステーキのフォアグラ乗せ。
とろけたんですけど。
上機嫌でワインも飲みましたけど。
(飲めないくせに。)




今日は高校時代からの親友の結婚式でした。

大好きな大好きな
大好きな大好きな、友達。

野球部のマネージャーとして出会った2人が
お互いが初めに感じたことが
『仲良くなれそうにないな』であった。

それが気づけば何年経っても1番大事な存在になっていて
彼女はわたしのこと、きっとなんでも知ってて
わたしは彼女のこと知ってるようで知らなかったり
もちろんケンカしたこともあったけど
いつでも心地の良い存在であった。

先月に食事をした時
『あたし泣いちゃうかもー!!』って言ったら
『え、なんでかなが泣くの・・・』ってあしらわれた。
そしてやっぱり。
彼女の花嫁姿を見て
頭が真っ白になりました。
すっっっっっっっっっごく綺麗で
チラっとすれ違う彼女に
言葉に詰まって声をかけることもできなくて
まともに顔を見ることすらできなくて
『綺麗だねー!!、おめでとうー!!』って
周りの友達と笑顔で会話したり手を振ったりする姿を
チラっとみつつ黙ってしまった。
胸がぱんぱんになって
きゅーっとして
式の最中も披露宴の最中も
こみ上げる涙をこらえるのに必死で
ずっと彼女の幸せを繰り返し願っていました。

おめでとうすら言ってあげられないなんて
なんて情けないんだろうと思ってロビーの椅子に一人で座っていたら
披露宴を終えた彼女が一人で写真を撮りに戻ってきた。
目があった瞬間
周りに誰もいなくなったかのような感覚になった。
物凄く静かで、さっきまで別人のお姫様だった彼女が
高校時代から知ってる彼女に戻って見えて
うわーーーーーーって
今まで我慢してた涙がぼろぼろ出てきて
やっと『おめでとう』(正確には『お、お゛べでどお゛・・・』だったけど)って言えた。
幸せになってねって、ちゃんと、言えた。
『泣くなよー』って笑ってくれて
それを見てたカメラマンさんがツーショットを撮ってくれて
そこにはせっかくの親友の晴れ姿の横で
鼻を真赤にしながら笑顔を作ったわたしがいます。
やっぱり情けない。
でも、最高に幸せ。

彼女のこと、
大好きな大好きな友達じゃなくて
愛してる友達だって思い知りました。

愛する愛する、友達。
これからも、ずっと、ずっと。

ダンナ様、優しいといいな、
彼女をいつも笑顔でいさせてくれるような
愛情たっぷりな人だといいな、
どうか彼女を一生守ってあげてほしい。
幸せになってほしいな。

心から願っています。
[PR]

by kana_takayama | 2008-10-26 18:58 | ともだち

<< 正論と思いやり。   役者人生の目標。 >>