2008年 05月 29日 ( 1 )

懸賞 懸賞

届いてくれたら。

懸賞 2008年 05月 29日 懸賞

c0154630_424867.jpg

わたしの言葉は
ちゃんと届いているかな?
わたしの気持ちは
ちゃんと伝わっているかな?

わたしはあなたに
何かしてあげられたかな?
わたしはあなたに
何ができたかな?

わたしは
あなたの力になりたかった。
ただそれだけなんだ。


最近ね
時期的な問題なのか
悩んだり迷ったり辛い思いをしてる友達がたくさん。
わたしは何か力になりたいと
いつでも思っているんだけど
そんなたいそうな器でもないごく普通の人間であるし
どうしても言葉もうまくなくて
わたしなんかが力になれているのか
少しは気持ちを軽くすることができたのか
悩みを解決する手助けはできたのか
自分の無力さに切なくなる。
でも、気持ちだけは込めているんだよ、
でも、自己満足じゃ、嫌なんだよ、
少しでも力になれていなければ
意味がないんだもん。

大好きな友達を
励ましてあげたいし
少しでも支えてあげたいし
話を聞きたいし
抱きしめてだってあげたい。
人が悩み苦しんでいる姿って
なんて胸が締め付けられるように切ないんだろう。
そして結局は何もしてあげられていない自分を
情けなく思ってしまう。
ただの同情や偽善なら無関心の方がマシなのかな、
なんて。

でも、わたしは願うよ、
あなたがうまくいきますようにって。
あなたが、どんなカタチであっても好きなことをやっていてほしいって。
あなたが、幸せであってほしいって。
わたしの力なんて必要ないかもしれない。
でももし必要としてくれるなら
わたしは喜んで受け入れるし
うまい言葉が出てこないなら
いっそ黙っていた方が良いなら
ただ話を聞くだけでもいいなら
あなたがそれを望むなら
わたしで良ければいつでも話を聞くからって
心からそう思っています。

綺麗言だ偽善だと思われても
たとえわたしを信じてもらえなくても
ブログを読んでくれている友達も
ブログの存在すら知らない友達も
大好きなあなたにわたしの気持ちが届きますように。
たとえ届かなくても
わたしの力では無理だとしても
他の誰かや家族や恋人や友達や、自分の、力で。
あなたが幸せになれますように。

幸せに、なってほしいよ。
[PR]

by kana_takayama | 2008-05-29 23:02 | ひとりごと